今、話したい誰かがいる 【乃木坂46】

13作目のシングル
image07180114.jpg
2015.10.28

作詞 秋元康 作曲 編曲 Akira Sunset、APAZZI
映画『心が叫びたがってるんだ。』(2015年9月19日 公開、制作:A-1 Pictures、配給:アニプレックス)の主題歌
CM『From AQUA〜谷川連峰の天然水〜』(2015年10月10日 - 、JR東日本ウォータービジネス)の主題歌

歌詞は『心が叫びたがってるんだ。』の脚本を担当した岡田麿里が秋元康に映画の内容を説明することによって作品に沿った「ドンピシャの歌詞」(映画のプロデューサー・斎藤俊輔の言葉より)が書き下ろされ、映画のストーリーとつながる構成。
幼い頃に何気なく発した言葉で家族をバラバラにさせてしまったことにより、喋るとお腹の痛くなる呪いをかけられた主人公・成瀬順の苦しみが「何も欲しいと言わなければ 永遠に傷つかずに済む」という歌詞によって語られ、そうして孤独をよしとし、目立たないように生きてきた主人公が高校の実行委員に任命されたのを契機に、仲間と2人で一本のコーラを飲んだことによって、シーソーよりもブランコの好きだった主人公に「君とだったら シーソー乗ってみよう」という感情の変化が生じていくさまが描かれている。
ダンスは拍をずらしながら時間差で同じ振付を踊るカノン。

ミュージックビデオは、2015年9月中旬に静岡県で撮影。
『心が叫びたがってるんだ。』のストーリーとつながっており、ダンススクールを外から眺めるしかなかった耳の聞こえない大学生・西野七瀬が、手話を通じて白石麻衣を中心とするダンススクールの生徒たちとコミュニケーションを図りながら、ダンス大会を目指す内容。
ダンス大会用のTシャツは西野七瀬がデザイン。
日の経過を表現するため、用意された衣装は100着以上、白石麻衣の通学するダンススクールの生徒たちが走るシーンは様々な角度からの映像を必要としたため、10本ほど繰り返して撮影された。
監督:萩原健太郎
クリエイティブディレクター:澤本嘉光

センター:白石麻衣・西野七瀬
3列目:桜井玲香、若月佑美、生駒里奈、松村沙友理、伊藤万理華、井上小百合
2列目:齋藤飛鳥、高山一実、橋本奈々未、生田絵梨花、秋元真夏、星野みなみ
1列目:衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、深川麻衣
今作は前作の「太陽ノック」から2人少ない16人選抜。
福神は前回に引き続き、1列目と2列目を合わせた10人が「十福神」となり、9th「夏のFree&Easy」から5作連続の十福神体制。
生駒里奈は初、桜井玲香は8th「気づいたら片想い」以来の福神落ち、衛藤美彩と齋藤飛鳥は初福神。
星野みなみは5th「君の名は希望」以来の福神復帰、前作メンバーだった斉藤優里と新内眞衣は今作の選抜メンバーから外れた。


この記事へのコメント