君の名は希望 【乃木坂46】

5作目のシングル
image06180107kim.jpg
2013.03.13

作詞 秋元康 作曲 杉山勝彦 編曲 杉山勝彦 有木竜郎
映画『超能力研究部の3人』の主題歌
2016年3月26日から東京メトロ千代田線・乃木坂駅の発車メロディ。生田絵梨花がピアノ演奏した音源が使用されている。

前作「制服のマネキン」と同じ「ボール」という単語が登場し、そのボールを拾おうとする「僕」の存在に「君」が気づくことによってグラウンドに陽が差し、透明人間だった「僕」に初めて影ができる。
「乃木坂46の代表曲」また「乃木坂46を定義づけた曲」とも称され、そのような意向は乃木坂46のメンバーがデモテープを聴かされた時からあった。
「Aメロ→Bメロ→Aメロ→サビ→Aメロ→Bメロ→Aメロ→サビ」という複雑な大ロンド形式の構成を持つが、主旋律はピアノ一本で成立する上、ユニゾン歌唱が活きる合唱向きの歌メロという独特な仕上がりになっている。

ミュージックビデオは、山下敦弘監督によるエチュード式のミュージックビデオ。
その背景として、乃木坂46の4thシングル「制服のマネキン」のカップリング曲「春のメロディー」のミュージックビデオについて秋元康が「今まで見たアイドルのミュージックビデオの断片的なものが全部投入されているだけ」と述べ、AKB48を抜くためには同じことをやっていては駄目だとし、ミュージックビデオは「見たことのないものを作れ」という課題を提出されたことにより、費用を掛けてもミュージックビデオは良いものを作るという秋元康の考えに基づき、乃木坂46の映像プロデューサーである金森孝宏が山下敦弘の監督起用を提案した結果、エチュード式のショートバージョンとロングバージョンが制作された。
当初、秋元康はロングバージョンを支持していたが、今野義雄が「君の名は希望 -DANCE & LIP ver.-」を追加提案し、合計3つのミュージックビデオが制作されるにいたった。
監督:山下敦弘

センター:生駒里奈
3列目:伊藤寧々、中田花奈、井上小百合、西野七瀬、若月佑美、深川麻衣、永島聖羅、高山一実
2列目:桜井玲香、橋本奈々未、白石麻衣、松村沙友理、秋元真夏
1列目:生田絵梨花、生駒里奈、星野みなみ
八福神は秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、橋本奈々未、星野みなみ、松村沙友理。
永島聖羅、伊藤寧々が初の選抜入り。
中田花奈は3rdシングル「走れ!Bicycle」以来7か月ぶりに選抜へ復帰。
前作の選抜メンバーだった市來玲奈、齋藤飛鳥、能條愛未は選抜から外れた。

この記事へのコメント